スピリチュアルエネルギーを送り、体を自然な機能へと回復させるマントラ・ヒーリングと、古代仏教徒伝統のスピリチュアルマスター・ジャプーから与えられる癒しのメソッド

Index > ヒーリング・プログラム

フルフィルメント瞑想のヒーリング・プログラム

Mantra Healing Program and Jaupu Healing

マントラ・ヒーリング・プログラム

マントラヒーリングのテクニックはスピリチュアルエネルギーを体に送る非常に強力な方法です。すべての人々に安全です。このマントラにはヒーリング効果があるので、精神的に満たし、組織を活性化し、体のヒーリングを必要とするところへスピリチュアルなエネリギーの振動を送ります。私たちのヒーリングテクニックでは、観音ヒーリングマントラ、ナラシムハヒーリングマントラを使います。これらのヒーリングエネルギーは体を自然な機能へと回復させます。この治療を受けると心地よく感じ、自然な方法でポジティブな結果を作り出します。

マントラとは振動の種で、この宇宙すべての原子と分子を形成しています。ヒーリングにマントラを使うと、私たちの体の分子を再整列させ、摩擦や不和なしにより正常に機能するようにできるのです。体からストレスを解放しホメオスタシス(恒常性)を高めます。ホメオスタシス(恒常性)とは、すべての体の機能が調和し相互にサポートしストレスや摩擦から解放されている状態を形成することです。最も自然で最強の治癒形態です。

ジャプーヒーリング

2500年前、お釈迦さまは薬師如来(別名、医王とも呼ばれる治癒を司る神)からヒーリングテクニックを授かりました。このヒーリングテクニックはそれ以来仏教徒の伝統を通して伝えられてきました。しかし不幸にもアジアの寺院の大部分から百年以上前に姿を消し始めました。今日東南アジアの一部のわずかな村で行われるに留まります。特別なことにタイでは医者でさえヒーリング結果を見に来るのです。このヒーリングテクニックは生徒の改善が不可能と思われる根深い病状を、解放する手助けをしてくれます。

ジャプーヒーリングで使われるテクニックは長くフルフィルメント瞑想を練習してきた生徒にだけ教えられます。生徒たちは3つのトレーニング段階を経てヒーラーになることができます。これはジャプーという古代仏教徒伝統のスピリチュアルマスターから与えられます。どのように十分なエネルギーまたはシャクティーを作り、どのように効果的にヒーリングに使うのかを一歩づつ、学びます。

これらの方法は、近代科学の目からは奇妙に見えるかもしれません。そうは言っても生徒を弱らせ、生徒の生命を妨害するネガティブな状況を非常に効果的に取り除くことができるのです。この根深い状態を削除するためには痛みが伴います。彼らは何年もの間その状況に居たかもしれません。文字通り、体にノリで貼り付いているのです。ですからスピリチュアルエネルギーの強力な導入によって取り除かなければなりません。プロセスは非常に有効なので、継続した状態でしばしば少数のセッション以内に調整することができます。この種のヒーリングは近代的な生活の主流にないため、理解するのに十分長い間瞑想を練習していた生徒たちのみに提供しています。