ポーカープレイヤー

ポーカープレイヤーにおすすめの「マインドフルネス瞑想」

長時間にわたるポーカー試合中に、頭がぼーっとしてしまったことはありませんか?ハンドレビューやトレーニングビデオを見ているときに、思うように注意力が発揮できていないと感じたことはありませんか?ポーカーの試合中にティルト(感情的になりすぎてうまくプレイできなくなること)に陥った経験はありませんか?あるいは、ADHD、うつ病、不安症に悩まされていませんか(または悩んでいたことがありますか)?

これらの質問の答えに一つでも「イエス」があるなら、この記事はまさにぴったりな内容です。ここでは、マインドフルネス・ザム(Mindfulness Zum)の「バーチャル(virtual)」と呼ばれる新しいストレス・マネジメント法についてご紹介します。上記の問題に対処する方法を学び、それをうまく試合で活用できれば、ポーカープレイヤーにとって大きなアドバンテージとなるでしょう。ぜひ以下をご覧ください!

ポーカープレイヤー

一般的に「マインドフルネス瞑想」とは、自分の思考や感情、生理的反応を観察しながらも、反応しないことを重視した瞑想法のことです。この分野の専門家は、マインドフルネス瞑想を、「自分の経験に対してオープンになり、受け入れることで今この瞬間に注意を向けることを特徴とする、認知的で意図的なプロセス」であると定義しています。

これは平たく言えば、アンカー(通常は呼吸)に集中し、突発的に雑念が頭に浮かんできても、ただそれを受け流すということです。そして再び集中します。とてもシンプルな方法ですが、驚くべき効果があるのです。

最近の研究では、マインドフルネス瞑想は、脳の機能や注意力を整えるための強力なメンタルトレーニングツールとして機能することがわかっています。実際、臨床研究では、マインドフルネス瞑想が神経活動を変化させ、神経伝達物質レベル(特にドーパミン)も変化させ、皮質をより厚くすることがわかっています。

マインドフルネス瞑想に関する研究の中でも非常に印象的だったのは、マインドフルネス瞑想が実際に脳の物理的構造を変化させ、より効率的かつ感情的でないかたちで機能する、という事実です。例えば、大脳皮質が厚くなると自制心が高まり、情緒不安定になりにくくなります。このような変化はごく短時間で起こり、瞑想を続けていくうちに効果は非常に大きくなっていきます。

ポーカープレイヤー

ティルトに悩むプレイヤーにとって、これは非常に良いニュースです。もしADHDや不安症、うつ病に悩んでいる(または経験したことがある)方であれば、この研究はなおさら励みになるでしょう。こうした心の病気に対する治療法は、通常、薬物療法が最善とされていますが、効果がない(あるいは部分的にしか効かない)ことも多いのが現状です。薬物療法でも効果が見られるという方でも、マインドフルネス瞑想のようなプラスアルファの治療法は有効となるでしょう。

 

ただし、マインドフルネス瞑想は、薬物療法の必要性を否定するものではありませんが(薬物療法に関する疑問や懸念については、必ず担当の医師に確認してください)、症状を大幅に軽減する力があり、広く認知されています。また、悪影響を及ぼすような副作用もありません。

 

ですので、マインドフルネス瞑想を定期的に実践すれば、ティルトも生じなくなるかもしれませんし、より注意力や集中力が向上し、ハイレベルのゲームを長時間プレイすることも容易になるかもしれません。ぜひ実際にトライしてみて、ご自身で効果を確かめてみてくださいね。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *